2018年01月19日

カーナビ amazon

カーナビの世界で新しい大展開が拡大している。
それは携帯電話をカーナビとして活用するものである。
スマートフォンの登場で、画面表示が途方もなくスムーズになった。
携帯電話と云う枠に囚われないアプリケーションの可能性が拡大したのである。
そこでカーナビシステム用のアプリがでてきた。
少しその状況を案内しよう。

近頃はグーグルが地図データを累積しているから、将来は把握出きない。
其れからゼンリンはカーナビのソフトも販売している。
このカーナビソフトにかんして案内しよう。
カーナビの機種に合ったゼンリンのソフトを買い付ける事で最新の地図情報に基づいたカーナビとなるのである。
地図データはゼンリンだけが管理している。
これがゼンリンの強みだろう。

最も、初めは異和感があっても、使用しているうちに次第に慣れてくるものである。
車通勤をしている人ならば、テレビを観ながらと云うパターンもあるだろう。
また、渋滞情報等を表示してくれるVICSシステムも重要である。
それに拠って渋滞を回避しながら、興味ない道を走る事が出きるのである。
ドライブが楽しくなる。

其れから、重要なものは地図データである。
部分情報と地図データを重ね合わせる事に拠って、現状地を表示してくれる。
道はどんどん新しい道が出きてくから、地図データは次第に古くなってゆくのだ。
内部データを最新にしておくには後でデータを買い付ける必要が有る。
そして1番大事なのはルート検索である。
目的地を入力すると、そこまで道を案内してくれる。
目的地までの交通情報や渋滞情報等を加味して、ルートを示してくれる。
これはメーカーや機種に拠って、少しずつちがってる。
高度なソフトウェアが組み込まれているのである。





[PR]
  • ロエベ
  • スヌーピー
  • テレビ
  • 本革
  • スエード


  • お探しの情報は見つかりましたか?