2018年01月21日

カーナビ 映像出力

ポータブルカーナビで認識されているユピテルの製品を案内しよう。
謳い文句は連携・拡張型高機能ナビである。
これは別売りオプションユニットを取り付ける事で、カーナビの機能を拡張出きる機能である。
つまり、必要な機能はオプションとした事で本体価格を制御する事が出きたのである。

勿論、地図情報等も充実している。
最上位機種であるNV-SD760FTではフル地デジチューナーを搭載している。
綺麗な画面でテレビがみられるのである。
モニターサイズちがいの機種も用意されている。

其れから、べんりなのが「でっか字」である。
途方もなく大きな文字表示であるから、運転している最中でも確認が簡単であるためである。
其れから、地図のスケールは10mまで拡大出きる。
残念ながら、10mは東京、大阪、名古屋のエリアに限定されている。
ルート案内では、目的地までの情報がガッツリと表示される。
タッチパネル式に為ってるから、操作は簡単である。

カーナビの新しい使い方を提供する事で、独自のユーザー層を取り込む事が出きる。
単にルート案内だけのカーナビと、それ以外の機能をもった製品の2極化が進のじゃないだろうか。
価格も高機能なものはそれなりの値段で、単機能のものは安くなっていくのである。
インターネットとの接続はメリットが大きいものであるから、基本機能として活用したいものである。
多種多様なカーナビが登場する事で、これからのカーライフが楽しくなる事だろう。





[PR]
  • ダウンジャケット
  • カメラ
  • シンプル
  • オロビアンコ
  • ベージュ


  • お探しの情報は見つかりましたか?