2018年01月25日

カーナビ 運転中操作

ゼンリンは誰でも気付いている地図を作成している会社である。
昔は書籍として地図を販売していたが、近頃では電子データの形での地図販売が主流と為ってる事だろう。
カーナビに活用されている地図のおおくはゼンリンのデータを基本としている。
それだけゼンリンの歴史が長いからである。
地図データの信用性はゼンリンが1番であるためである。

カーナビだけではなく、インターネットと接続する事に拠って新たな大展開を考慮しているのである。
ルート検索機能だけではもったいないと云う事である。
近くにあるレストランや店等の情報をすぐに取り入れる事が出きれば、途方もなく楽である。
わざわざ携帯で吟味するのではなく、カーナビが吟味してくれるのである。

最新の地図をネットから取り込むタイプのケースの場合は常に最新の地図を活用出きる。
地図を表示する画面が小さい事が難点と云えるが、現実の運転時は画面をじっくり観る事はまずないのだ。
ゆえに、カーナビの短所とはならないのである。
それでは画面表示はどうなるだろうか。
曲がり角に来た時に把握できやすい表示がでるかどうかはアプリの作り方にかかってる。
スマートフォンの画面サイズを意識した造り込みをしているアプリの方が使用しやすいようである。

ルート案内の表示の仕方は各社試行錯誤を凝らしている部分である。
把握できやすさを追求しているのである。
目的地の選定には検索機能が必要である。
フリーワードで検索したり、施設やジャンルでも検索が可能である。
電話番号は730万件のデータが収録されている。
其れから、検索した施設の情報も詳しく表示される。
店舗ならば営業情報や人気メニューまででてくるのである。





[PR]
  • モード
  • 上下
  • USB
  • ニンテンドーds
  • 年賀状


  • お探しの情報は見つかりましたか?