2018年01月28日

カーナビ 消費電力

カーナビ製品のゴリラにかんして案内しよう。
パナソニックの製品である。
ポータブルカーナビとしては1番ポピュラーであるから、殆どの人は気付いているだろう。
2011年発売のゴリラの性能を案内する。
高精細ワイドVGA液晶が特徴点と為ってる。

画面の大きさに拠っても価格はちがってくるのである。
ポータブルタイプであれば、安いものなら1万円台から有る。
カーナビの価格を決定させる為にはどのような機能を貴方が求めているかに拠って変わってくるのである。
測位性能が優れていると、細い道をとおってる時でも正確に表示される。
性能の良いカーナビならば、持ち歩いても充分活用出きるのである。
しかしながら、性能が悪ければ、正確な部分を表示できずに、ずれたままとなるのである。

また、メモリー容量に対してナビのコンテンツが気に成るところであるが、検索するデータは途方もなく豊富である。
実用上で問題となる事はないだろう。
其れから、microSDに音楽を入れておくと、再生出きるところはいいものである。
ウォークマンの代わりにもなるのである。
メモリー容量はオプションで8GBに増大させる事も出きる。
ワンセグであるが地デジもエンジョイする事が出きる。
サイズは5インチの液晶画面である。
この安さで音楽の再生や写真の閲覧も出きるのである。

こういった具合にトヨタのカーナビはカーナビ自体の性能は勿論の事であるが、付加機能のサービスに力を入れているのである。
それはカーナビと車がネットワークにつながる事に拠って、新しいスタイルをつくり上げようと云う考えなのだろう。





[PR]
  • 秋冬
  • チェーン
  • ラベンハム
  • 風水
  • freeline


  • お探しの情報は見つかりましたか?