2018年01月30日

カーナビ ブルーレイ

カーナビは高額である。
であるから、1度買い付けたらずっと使いつづけるだろう。
しかしながら、車の事故等で本体が使用不能になると、カーナビがもったいないと云う事で、買い取り市場に出回るのである。
そこから中古品市場が拡大するのである。
勿論、事故でなくても車を買い替えている人も少なくないだろう。

近頃はグーグルが地図データを累積しているから、将来は把握出きない。
其れからゼンリンはカーナビのソフトも販売している。
このカーナビソフトにかんして案内しよう。
カーナビの機種に合ったゼンリンのソフトを買い付ける事で最新の地図情報に基づいたカーナビとなるのである。
地図データはゼンリンだけが管理している。
これがゼンリンの強みだろう。

其れからケンウッドの「彩速ナビ」の名称のMDV-727DTである。
その名称から把握可能にレスポンスが高速である。
素早い表示はいいものである。
上位モデルにはBluetoothレシーバー機能付きである。
ハンズフリーの通話が簡単に出きる。
メニュー画面やスクロール、ルート検索等殆どの画面切り替えが途方もなくスムーズである。
ストレスという心理的負荷のない操作感は大きなメリットである。

其れからパナソニックのステラーダHシリーズである。
60GBのHDDとフルセグチューナー搭載である。
カーナビとしての基本性が同じで普通サイズとワイド画面タイプを揃えている。
スタイリッシュで一体感のある取り付けが特徴点である。
トヨタ車やダイハツ社にフィットするサイズと為ってる。
LEDバックライトとクリアパネルを使用する事で高画質表示を実現している。
静電タッチパネルに拠って操作性も飛躍的に向上している。
簡単ツートップメニューは更に進化して、モーションツートップメニューとなった。
手を接近させるだけで画面下にダイレクトランチャーメニューが表示される。
近未来的な操作感を実現している。
こういった具合に最新カーナビは魅力が満載である。





[PR]
  • ペチコート
  • ベビーカー
  • クラッチバッグ
  • アウトドア


  • お探しの情報は見つかりましたか?