2018年02月01日

カーナビ ipad

トライウィンのカーナビを案内しよう。
このメーカーの特徴点は価格が安い事だろうか。
カーナビとしての基本性能だけが必要だと考慮している人には適しているのかも知れない。
トライウィンのDTN-500はワンセグチューナー付きであるが、直販で23,000円と安く為ってる。

ポータブルカーナビの短所としては、画面が小さい為に地図等の表示があまりきれいではなかったのである。
斜めの線にギザギザが入った表示に成るのである。
これらを解決するには高精細の液晶が必要だった。
ゴリラにその液晶を搭載して、表示を綺麗にしたのである。
古い機種を使用していて、新しいゴリラを観たならば、その綺麗な事に感動してしまうかも知れない。
それはちょっと大げさかも知れないが、それほどの差があるのである。

其れから、画面の表示速度はどうだろうか。
画面が素早く切り替わる方が使用する方としては使用しやすいだろう。
しかしながら、これも価格に影響してくるのである。
地図の精度を上げようとするとデータ量が増大する。
その為に画面表示には時間がかかるように成るのである。
高性能の表示器を付ければ問題は解決すると云う事である。

こういった具合にトヨタのカーナビはカーナビ自体の性能は勿論の事であるが、付加機能のサービスに力を入れているのである。
それはカーナビと車がネットワークにつながる事に拠って、新しいスタイルをつくり上げようと云う考えなのだろう。





[PR]
  • ポーチ
  • ピアス
  • PSP
  • ベッド
  • ティファール


  • お探しの情報は見つかりましたか?